2019年度コンパスナビ運転免許取得助成制度

コンパスナビニュース

2019/09/17

施設を巣立つタイミングで、運転免許を取ろう!

今年度もコンパスナビ運転免許取得助成制度を実施いたします。
公的に準備できる資金(児童養護施設退所者等に対する自立支援資金貸付制度+措置費)でまかなえない金額をコンパスナビが助成します。
貸付をご利用されても、2年間の就労をすれば返済の必要はありません(1年間の求職期間を含みます)。
コンパスナビではグループ会社の人材紹介会社(コンパスキャリア)と連携して、仮に最初の就労につまずいても、次の就労をバックアップしていきますので、安心してご利用ください。

児童養護施設等入所中児童 及び 里親委託中児童

コンパスナビ運転免許助成制度(入所児童版)

2019年度コンパスナビ運転免許取得助成制度につきまして、下記の通り実施いたします。

募集開始:令和元年7月8日(月)

募集締切:令和元年10月15日(火)

助成対象者:下記の要件をすべて満たす方
(1)令和元年9月1日現在、関東一都六県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、群馬県)の児童養護施設、ファミリーホーム、自立援助ホームに入所している、または里親家庭で養育を受けている方で、自動車教習所卒業まで措置対象下にある方。もしくは、児童養護施設等を退所又は里親等委託解除後4年以内にあり、4年制大学、短大、専門学校等に在学する方。
(2)入所先施設長および里親が推薦する方
(3)自動車教習所へ入校する一週間前に18歳に達しており、日本語の読み書きに支障がない等、普通運転免許の取得要件を満たす方
(4)過去に無免許等で行政処分を受けた事がない方
(5)重篤な症状を伴う持病がない等、約2週間の長期滞在(合宿)生活に支障がない方
(6)自動車教習所や宿泊施設が定める規則・約款を遵守し、当該施設職員等の指導に従うことができる方

助成内容:普通運転免許取得に係る教習所費用から、公的支援を利用して準備できる金額の25万円を差し引いて不足する費用

募集方法:募集要項をご確認いただき、2019年度 コンパスナビ運転免許取得助成制度 申込書兼推薦書を郵送、もしくはFAX、メールにてお送りください

詳しくは2019年度 募集要項(入所児童版)をご確認ください

募集要項はこちら 2019年度 募集要項(入所児童版)

申込書兼推薦書はこちら 2019年度 助成制度 申込書兼推薦書

退所者向け

コンパスナビ運転免許助成制度(退所者版)

施設等退所者への運転免許取得助成を実施します。

助成対象者:下記の要件を満たす全ての方
(1)関東一都六県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、群馬県)の児童養護施設、自立援助ホーム、ファミリーホームもしくは里親家庭で生活をした経験のある方、その他当社が必要と認める方
(2)現在新たな就労を希望し、コンパスナビとの間で支援契約書を締結した方
(3)原則満25歳までの方(それ以上の年齢の場合は応相談)
(4)指定する日時に、指定する教習所に入校できる方
(5)日本語の読み書きに支障がない等、普通運転免許の取得要件を満たす方
(6)過去に無免許等で行政処分を受けた事がない方
(7)重篤な症状を伴う持病がない等、約2週間の長期滞在(合宿)生活に支障がない方
(8)自動車教習所や宿泊施設が定める規則・約款を遵守し、当該施設職員等の指導に従うことができる方

募集エリア
関東一都六県:東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

募集期間
就労支援の応募に応じて随時

募集人員:10名

申込について
(1)申込者について
申込者は、求職者本人とします。20歳未満の場合は、合わせて出身の児童養護施設等の施設長、里親の推薦書を提出のこと。
(2)申込方法
コンパスナビに就労支援を依頼し、支援契約書を交わした後、運転免許取得助成制度の申込書(以下申込書)をご提出ください。
(3)選考について
申込書が提出されましたら、助成対象の可否の判断致します。助成が決定いたしましたら、就労を希望する企業の内定後にこちらの指定する合宿免許の教習所に入校をお願いします。

詳しくは募集要項をご確認ください。

2019年度 募集要項(退所者版)

お問い合わせ先

ご不明点がございましたら、事務局までご連絡ください。
①Tel:048-815-4111
お問合せフォーム

合宿免許の特長

これまでの活動を通して、合宿免許は施設出身者特有のメリットがあることが分かっています。それは一定期間、同じ目的を持った同年代が集まれば自然と友人関係が広がる、一人で考え活動することが社会に出るための助走になる、という副次的効果があり、実はこれまでコンパスナビ運転免許取得助成制度を利用して合宿免許を体験した児童のほとんどが、「仲の良い友人ができた」、「卒業で別れるとき、涙が出た」、「自立に向け成長することができた」などと伝えてくれています。

私たちとしましては、自立直前の時期に合宿免許を体験することは、社会に出る訓練につながると実感しております。

詳しくは ご利用者の声 をご覧ください。