一般社団法人青少年自助自立支援機構コンパスナビ

企業CSR活動紹介など

企業CSR活動紹介

「復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト2016」 盛岡で音楽祭開催  歌の力で励まし、励まされる 

~歌の力で友との絆を分かち合う。そして新たなる未来へ~「復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト2016」(主催:三菱商事、岩手朝日テレビ、朝日新聞社)が2016年3月30日 岩手県盛岡市 岩手県民会館で開かれた。東日本大震災後、滞在先のイギリス・ロンドンで被災地支援チャリティーコンサートを開催してきたバイオリニスト葉加瀬太郎さん、被災地にピアノを贈る活動を続けている、ピアニスト西村由紀江さん、チェリスト柏木広樹さんを迎え、岩手県内の4校の音楽部の高校生(51名)とともに演奏、合唱した。最後に全員で「With One Wish」が歌われ、満員の1800人の観客で満員の会場には、勇気と希望の歌声が充ちる感動のフィナーレとなった。

バイオリニストの葉加瀬太郎さん、ピアニストの西村由紀江さんと共演する高校生たち

バイオリニストの葉加瀬太郎さん、ピアニストの西村由紀江さんと共演する高校生たち

世界的なバイオリニスト・葉加瀬太郎さん、ピアニスト・西村由紀江さん、チェリスト・柏木広樹さんが、3月30日岩手県盛岡市の岩手県民会館で行われた、「復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト2016」に出演。歌のチカラで被災地を応援すべく、音楽でステージを盛り上げ、2014年より続く『歌の絆』を子供たちの未来への希望につなげた。

【岩手県立大船渡・釜石・宮古 三高校音楽部合同合唱団 24名】【岩手県立盛岡第四高校音楽部 27名】の県内の高校生総勢51人が参加、合唱曲7曲を披露した。大船渡・釜石・宮古 三高校音楽部合同合唱団は、天使の様な透き通った歌声と共に、手話やスカーフを使った振りをつけて、歌に気持ちを乗せた。盛岡第四高校音楽部のピアノを担当した田村綺菜さん(=たむらあやな)は今日のステージを振り返り、「復興への長い道のりを必死に頑張っている人々がたくさんいるので、これからも「命の大切さ」や「身近な存在への感謝の気持ち」など、思いが届く演奏をしていきたい。」と語った。

高校生のステージの後、葉加瀬さんらアーティストが登場。

葉加瀬さんは楽曲「ひまわり」について、当時ドラマ主題歌に使われ、毎朝テレビから流れていた事を振り返った。東日本大震災の報道ニュースの為ドラマはしばらく休止、再開した時に東北のファンの方から「あの曲がまた聴ける事がどんなに勇気づけられるか」とメッセージをもらったと、特別な思い入れを告白。

また、被災地でコンサートを精力的に行ってきた西村さんは、自身が行っている震災でピアノを失った人々にピアノとその音色を届ける活動について説明。西村さんの活動を象徴する楽曲「朝日のあたる家」を、この日のステージのために柏木さんがアレンジし演奏した。

終盤、葉加瀬さんの代表曲「情熱大陸」では、観客から手拍子が沸き起こり会場は一つに。「エトピリカ」「手紙」を含め6曲を披露。

葉加瀬さんの呼び込みで高校生らが再びステージに上がると、再び大きな拍手が。「With One Wish」を全員で合唱共演、フィナーレへ。復興に向けた強い思いが感じられる素晴らしいステージとなった。With One Wish」は、東北の子供達へ向けた応援歌として、2011年東日本大震災直後に葉加瀬さんが作曲。

「この曲はもともとバイオリン曲として作ったものだったが、歌詞をつけて歌われるようになった経緯があり、そのため音域のレンジ幅が広く、歌い手にとっては難しい曲である。それにもかかわらず先生はじめ、学生はたくさんの練習を重ねてよくやってくれたと思う」と葉加瀬太郎さんは語った。 

――――――――――――――――――――――――――――――――

「歌の絆プロジェクト」は東日本大震災後3年目となる2014年より、三菱商事と朝日新聞が中心となり取り組んできた復興支援活動で、1回目は宮城県仙台、2回目は福島県郡山市の地で東北の復興を祈り、歌や踊りといった地元学生によるコンサートステージを開催してきた。

当日の流れは以下のようであった。

・主催者挨拶
三菱商事株式会社 広報部長 小林 建司

・各校合唱
岩手県立大船渡・釜石・宮古三高校音楽部合同合唱団
(県立大船渡高校・県立釜石高校・県立宮古高校 合同) 3曲
1.ぜんぶ        作詩 さくらももこ、作曲:相澤直人
指揮 及川尚樹(宮古高)
ピアノ 永野有紀(釜石高)
2.願い~震災を乗り越えて~
作詞 小原孝、作曲:樹原涼子
指揮 中村史(大船渡高)
ピアノ 及川尚樹(宮古高)
3.瑠璃色の地球
作詞 松本隆、作曲:平井夏美、
編曲:源田俊一郎
指揮 山本友里恵(釜石高)
ピアノ 及川尚樹(宮古高)

岩手県立盛岡第四高校音楽部 4曲
指揮 佐藤文子(盛岡第四高)
ピアノ 田村綺菜(盛岡第四高)
1. ほらね、
作詩 いとうけいし、作曲:まつしたこう
2. いのちの歌
作詞 Miyabi、作曲:村松崇継、編曲:今村康
3. 夜明けから日暮れまで
作詩 和合亮一、作曲:信長貴富
4. グリーングリーン
作詞 片岡輝、
作曲:B.マクガイア&R.スパークス、
編曲:信長貴富

・バイオリン・ピアノ・チェロ 演奏
葉加瀬太郎(バイオリン)・西村由紀江(ピアノ)・柏木広樹(チェロ)6曲
1. エトピリカ
2. ひまわり
3. 手紙
4. 朝日のあたる家
5. リベルタンゴ
6. 情熱大陸

・共演
参加学校・葉加瀬太郎・西村由紀江・柏木広樹共演  1曲
1. With One Wish

・主催者挨拶
株式会社朝日新聞社 代表取締役社長 渡辺 雅隆

 

企業CSR活動紹介など全記事(新着順)一覧へ戻る

コンパスおしごとナビ

ナビ部

ページTOPへ