一般社団法人青少年自助自立支援機構コンパスナビ

コンパスナビ活動NOW

コンパスナビ活動NOW

浦和パルコ前で、コンパスナビ基金のPR活動を行いました!

おかげさまで盛況のうちに終了し、関心の高さを実感いたしました!

冬から春に移り行くまだまだ肌寒い時期の3月上旬、コンパスナビ基金のPRをさいたま市浦和駅前にて行いました。
風もまだ冷たさが残る中、皆様の暖かさに触れることができました。

当日はちょっと風が強かったぁ~~

当日はちょっと風が強かったぁ~~

私たち一般社団法人青少年自助自立支援機構では、「コンパスナビ」ブランドで様々な活動を行っています。
高校生たちの元気な部活動を応援する「コンパスナビマガジン」や「コンパスナビマガジン編集部」(by Twitter)はもちろんですが、「コンパスナビ」の一番の目的は、社会に巣立つ青少年たちが公平スタートラインに立つ機会を作りたいということです。
児童養護施設をはじめとする様々な施設にいる子どもたちは、高校を卒業する年の4月に施設を巣立ち、社会の中で自立しなければなりません。
それは進学も就職など進路に関係なく、長年住んだ施設を出て新しい生活を一人で始めるということなのです。住居費、生活費、学費、すべてをまかなわなければなりません。
施設に入る理由は、そのほとんどが大人の勝手な都合の犠牲の上に成り立っています。DV(虐待)、ネグレクト(育児放棄)、死別などが主な理由になります。特にDVとネグレクトの二つの理由が、7~8割を超えている施設もあります。

IMG_0540

私たちは、そのような境遇の子どもたちが自立するときに、合宿型の教習所を活用して、運転免許証を取得する費用を全額助成しています。
なぜ合宿型の教習所が良いのかといいますと、卒業から就職する4月1日までのわずかな期間で確実に教習所を卒業し、免許証を手にしてもらいたいからです。
通学の教習所ではなかなか自分の好きなように、予定が組めないことがあります。2~3月は一年で一番の繁忙期で、教習の時間が思うように取れないことが多いからです。
しかし合宿型の場合、少なくとも年内に予約を完了しておけば、ほぼ予定通りに卒業まで迎えることができます。インストラクターも、生徒を確実に卒業させるために一生懸命に教えてくれますし、毎日計画的に教習を行えばそれだけ身につくスピードが速くなります。しかも、3食、宿泊費が費用に含まれており、多くは交通費も支給されます。
そのため、私たちは合宿型の教習所を利用して、確実に免許証を取得してもらうように予定をしっかりと組んで送り出すのです。

IMG_0537
毎年、全国で1700人前後が施設を巣立っていきます

施設を出る彼らの約8割が進学ではなく就職を選びます。これは学力というよりも、4月になったら施設を出なければならないとの理由から、学びよりも生活を選択せざるを得ないからです。
中にはインターハイで活躍したような選手でさえも、進学ではなく就職を選ぶことも多々あります。
彼らにとって、「自分の力で生活して、生きていくこと」が選択肢のトップになるからです。なぜならば、多くの高校生は実家があり、就職するにしても進学するにしても、実家を中心に生活を組むことができますが、彼らは自分の親を頼れない場合が多く、ほとんどが自立を強いられるのです。
もし実家に帰ったとしても、そこでは新たな虐待や、貧困家庭に戻るだけの場合が多くあります。

私たちがなぜ免許証を助成するかと言いますと、就職するとまとまって免許証を取得する時間が取れないということ、生活するのが精一杯で余裕がないことなどがあり、せっかく就職しても車の運転ができないために職種が限られたり、仕事の幅が広がらなくなります。
逆を言えば、免許証さえあれば、就職の幅も広がり就職した後の仕事にも役に立つということで、一番身近な身分証明書にもなります。

IMG_0544
ヌゥのぬいぐるみは小さな子どもたちに大人気!

さて、3月4日と5日の両日に、さいたま市浦和駅東口ロータリー横のパルコ前広場で、さいたま市主催のイベントが開催されました。
(社)青少年自助自立支援機構の設立母体である株式会社インター・アート・コミッティーズは、この運転免許取得助成制度展開での社会貢献活動を評価いただき、2015年11月、さいたま市の「CSRチャレンジ企業」として表彰・認定をうけました。
今回、同じく認定された企業が集まり、パルコ前広場でイベントを開催することになったのです。
当日は、コンパスナビのピンバッジとさいたま市のゆるキャラの「ヌゥ」デザイン・クリアファイルをお買い求めいただき、その金額を後日「コンパスナビ基金」の方に寄付をするという、「基金のPR活動」を行いました。

3月4日、5日の両日とも浦和駅前広場は、天気にも恵まれ土日ということもあり、たくさんの人でにぎわいました。
私たちのテントにも、大勢の人が訪れていただき、溢れんばかりの暖かいお気持ちをいただくことができました。
中には、私たちのこの活動を新聞記事で知っていただいていた方もいらっしゃり、本当にありがたい気持ちになりました。
また、「以前から児童養護施設の子どもたちに何かしたいと考えていたの。今日は良かったわ」と言って立ち去るおばあさんもいらっしゃいました。

春の日差しばかりでなく、浦和の、そして人々の気持ちに触れ、本当にすがすがしい気持ちになれた、コンパスナビスタッフ一同でした。(勢ぞろいしてご挨拶したいのですが、恥ずかしいのでご勘弁を~~~)
さいたま市役所の皆さま、また足をお運びいただいたすべての皆さまに感謝申し上げます。ありがとうございました!あったかいんだからぁ~~~。
  • 浦和駅東口駅前パルコ前広場はにぎやかでした

    浦和駅東口駅前パルコ前広場はにぎやかでした

  • 当日はたくさんのお気持ちをいただきました

    当日はたくさんのお気持ちをいただきました

  • コンパスナビマガジン最新号もお配りしましたよ

    コンパスナビマガジン最新号もお配りしましたよ

  • 日曜日は風が強くて、大変でしたが楽しかったです

    日曜日は風が強くて、大変でしたが楽しかったです


コンパスナビ活動NOW全記事(新着順)一覧へ戻る

コンパスおしごとナビ

ナビ部

ページTOPへ