一般社団法人青少年自助自立支援機構コンパスナビ

インタビュー/特別寄稿

インタビュー/特別寄稿

The音楽療育!!~音楽はすべての壁を超えて~⑤

⑤ はっち先生、卒園式にゆく!

キラキラ快晴、春のある日♪
音楽療育通っている福祉型児童発達支援の保育園での卒園式に参列したはっち先生。春の陽射しがチャレンジキッズ達の新たな旅立ちを喜んでくれているかの様な柔らかく射し込んでいた。

 

キラキラ快晴、春のある日♪


音楽療育で通っている福祉型児童発達支援の保育園での卒園式に参列したはっち先生。春の陽射しがチャレンジキッズ達の新たな旅立ちを喜んでくれているかの様な柔らかく射し込んでいた。

チャレンジキッズは表現がとても豊か。その時その時の感情を一生懸命自分の方法で伝えようとする。時には無言で、時にははしゃいで、時には泣きべそ、時には走ったり、寝そべったり、大きな声を出したり、身体中で表そうとしたり・・ 。子どもはみんな表現豊かだけど、飛び切り豊かなのだ。

今日は卒園式


その保育園に何年か通ったチャレンジキッズ。今日は卒園式︎ みんなお洒落をしてママやパパとお座り。卒園する皆は一人一人行進して入場し、名前を呼ばれるとちゃんと前に出て、園長先生から表彰状を受け取り、席へ戻る。あんなにじっとしていられなかった子も、泣き虫な子も、引っ込み思案な子も、抱っこから離れられない子も、聴覚が敏感で大変な子も、み〜んなみんな、ちゃんと全員表彰状をもらえたね!!

その日にはっち先生が出会ったとても素敵なハプニング。名前を呼ばれてもなかなか立てずにいた1人の男の子 ヒロくん。彼は聴覚が過敏でよく泣いてしまう男の子なのだけど、お友達のワタナベちゃんがトコトコとヒロくんの席へ行き、彼の手をひいて前へ連れて行ってあげたのだ。なんて優しい気持ちにさせてくれる瞬間だろう。発達障がいを持つ子どもが通う保育園に通っているこの二人。大人でも難しい様な信頼関係が、保育園での生活の中でこんな風に築かれていたんだね︎

今日の日を迎えるまでに、音楽や手遊び、お散歩や遠足、毎日の給食・・ いっぱいいっぱいお勉強して練習したね。

みんな、とっても素敵だったよ。

The本当におめでとう︎

卒園式が終わった後の静かになったホールは、生徒たちの笑い声や話し声が頭の中で木霊するかの様だった。

次回からは、音楽療育が行われるクラスの様子をご紹介。


インタビュー/特別寄稿全記事(新着順)一覧へ戻る

ナビ部

ページTOPへ